“奇妙な国”無料音楽フェスODD LAND

手作りの無料野外音楽フェス


4月2(土)、3(日)で沖縄市のコザ運動公園で日本一早い夏フェスといわれる、手作りの野外音楽フェスティバル「ODD LAND」が開かれました。
直訳すると“奇妙な国”。二日間のみ現れる幻の国として、『お祭り騒ぎのおとぎ話』がテーマ。…公式サイトより
今年でまだ2回目ながら、とんでもない可能性を秘めたはちゃめちゃなDIYフェスでした!
  ODD LAND 公式サイト
image


入場料無料、本当に手作りのフェス

このフェスのすごいのが、どこかのイベント会社が企画したものではなく、コザ(沖縄市の中心部)周辺のライブハウスで活動するインディーズバンドの若者たちが自力で開いてしまったということ。
髪を金や緑に染めた若者が直接自治体や企業と交渉して、1万人規模のイベントをコザという市街地エリアで開催できたことに驚いてしまいます。
さらにすごいのがなんと入場料が無料なのです。2日間タダで遊んでいいんです。
お金を稼ぐための集客イベントではないから可能だったのでしょうが、告知の宣伝費や音響機材に、さらにスタッフを揃えたりと、これらをまかなって入場無料で行うのはとても大変だったと思います。
image
沖縄ならではの闘牛場に作られたステージ


会場内5か所のエリアと無数の野外アートやパフォーマンス

2日間で約100組のバンドやミュージシャン、DJが演奏を披露しましたが、その他にも、会場内のあちこちに野外アートがびっしりと作られ、それぞれのエリアをうろうろしているだけでも十分楽しく、さらにゲリラ的にダンスや光を使ったパフォーマンスなどが行われて、まるで前衛的な学園祭に来た感じです。
とにかく「表現したい」という情熱が強く伝わってきます。
image
image
圧巻の巨大アートやパフォーマンス


去年は雨だった

ちなみに第1回目の昨年は天候に恵まれず、ほぼずっと雨でした。今年は天気がよかったのですが、2日目のフィナーレ直前にやっぱり雨が降りました。時期的に雨の野外フェスとして定着しそうで心配です。
でも“奇妙な国”のコンセプト通りの、とても不思議でとても楽しい空間でした。
早くも来年が楽しみです!
image
飲食の屋台がたくさんあるのにお水を売っている若者。いろんな楽しみ方があるようです

IMG_2669IMG_2675
夜の様子。コザのミニシアター「シアタードーナツ」が出張上映してました。もちろん無料

Pocket

[ “奇妙な国”無料音楽フェスODD LAND ]blog, , 2016/04/03 22:45