沖縄県民は子だくさん?

統計だと多いが


沖縄県民は子だくさんだとよく聞きます。確かに話を聞くとうちの子供の同級生は3人兄弟4人兄弟当たり前です。内地だと今どきは3人兄弟でも多いと言われるのに。
実際に統計を見ても、合計特殊出生率(1人の女性が生涯に生むとされる子供の人数)が全国平均1.4人なのに対して沖縄県は1.9人と最も多いです。
でも1.9って平均で2人兄弟に満たないんですよね。もっと多くても良さそうなのに。
内地の人も多く、都市化が進んでいる那覇市が平均を下げていたとしても(那覇は1.6くらい)、1.9ってことはないと思いますが、考えていても仕方がないので何らかの方法で検証してみたいと思います。

やはり多かった?

近所で各家庭の子供の数を調べられたら手っ取り早いんですが、そこまで真剣に調べるのも面倒なので、家内が幼稚園の同級生でおぼえている範囲でそれぞれ何人兄弟なのかを教えてもらいました。ちなみにうちの地域は典型的な沖縄の住宅地です。
だいたい30人分のデータが集まりました。すごい記憶力です。結果、なんと4人兄弟の子供が一番多く、一人っ子は2人だけでした。
非常にあいまいなデータではありますが、まだ幼稚園なのでこれからさらに増える可能性もあることを考慮すれば、うちの子供の近所に関して言えば1.9以上の値になりました。
ただ、幼稚園のデータは子供がいる家庭が前提なので、独身や、子供がいない家庭の女性が含まれていません。その可能性を考えはじめたらどうしたらいいのか分からなくなってきたので、これで終わりにしたいと思います(雑すぎる)。
とりあえず、沖縄の女性は子供を産むと4人まで産むことが多いらしい、ということです!

Pocket

[ 沖縄県民は子だくさん? ]blog, 2013/11/16 01:02