沖縄のデカ盛り食堂(1)

沖縄の飲食店は量が多い


沖縄の食堂はボリュームがあります。焼きそば定食にご飯が大盛りでついていたり、定食に味噌汁をつけたらそれにもご飯がついていたりと、カオスな要素をはらみつつ満腹にさせてくれる魅力的な空間です。
そんな沖縄の食堂でもさらに大盛りのお店があるんです。それを紹介していこうと思います。


中華ラーメンBIG大ちゃん

1回目のお店は沖縄市の「中華ラーメンBig大ちゃん」です。「ビッグ」と「大」という同じ意味を持つふたつの単語が並んでいるところに大盛りへの強い意志を感じますね。
店内はTVが置かれて新聞があって、という典型的な食堂ですが、微妙に違和感を感じます。ラーメン類で850円は割高に感じませんか?これは単品と思わせて大盛りの定食だからです。だまされてラーメンに追加でおかずやライスを頼んだりしてはいけません。大変なことになります。
image


お腹が苦しいです

ぼくはこのお店オススメのスペシャルCランチを頼みました。
・・・たしかにこれはすごいボリュームだ。というかライス以外はそこまでの量ではないんですが、品数が多い。奥の皿はなくても十分だろ。そして圧倒的な揚げ物率の高さよ。
写真だと軽くいけそうな気になりますが、このていねいに盛り付けられたライスがとても多いんです。それで他のものまで小さく見えているんです。ちなみにライスの右の器にはカレールーが入っています。
問題は味ですが、おいしいです。あまり腕前の差が出ないメニューではありますが。
おいしかったのですが、小鉢とライスを少し残してしまいました。
image


今回こちらのお店をチョイスしたのは、実はもうすぐ閉店するのでそれまでに紹介しておきたかったからです。
閉店するお店の情報を載せるのはどうなのか?とも考えましたが、ぼくがサイトを運営している目的は沖縄の面白い文化やできごとを紹介することなので、グルメガイドというよりこんなお店が沖縄にはあるんだよ、というのを知ってもらえればいいのかな、と思いました。
次は現役のデカ盛り食堂を紹介します!
image

Pocket

[ 沖縄のデカ盛り食堂(1) ]blog, , 2017/01/28 00:31