沖縄のデカ盛り食堂(2)33そば

沖縄の食堂はボリュームがあります。焼きそば定食にご飯が大盛りでついていたり、定食に味噌汁をつけたらそれにもご飯がついていたりと、カオスな要素をはらみつつ満腹にさせてくれる魅力的な空間です。
そんな沖縄の食堂でもさらに大盛りのお店があるんです。それを紹介していこうという企画の第二弾です。


33そば

今回は沖縄市の「33そば」です。
コザゲート通りを基地からそのままずっと進むと右手に見えます。交通量のある通り沿いな上に駐車場が狭いので入店にまず苦労します。
平成26年にリニューアルしたと外に大きく書かれていますが、あまりリニューアル感がしないですね。

image image

沖縄の定食屋はテレビや新聞や雑誌があって、ひとりでも気軽に入れてゆっくり食事ができるところが多いのですが、33そばは狭くて席数も少ないためかそういった設備はないようです。味とボリュームで勝負するお店なのでしょう。

image
多人数で来て一品を取り分けるのは禁止みたいです。家族連れにはきついですね。これこそデカ盛りイズム


食べきれない人にも親切なお店

ぼくはカツカレーを単品で頼みました。
店員さんが「うちは量が多いですけど大丈夫ですか?」と聞いてくれましたが、こういうお店はだいたい食べ残した分は持ち帰りできるので「余ったら持ち帰るので平気です」と伝えたところ、持ち帰り用のセットを渡してくれました。パックが二つに割り箸とスプーンとビニール袋というとても親切なお持ち帰りセットでした。


これは無茶です

カツカレーが運ばれてきました。
これはもう大きいどころの話ではないです。お米だけで何合あるのさ・・・。どうしよう(どうしよう)。

image
image
ご飯だけで1kgはあると言われているカツカレー。画像でこの大きさを伝えきれないのが歯がゆい

とはいえカレーです。大好物だし、朝食を抜いてお腹をすかせてお昼に来たのでけっこういけるんじゃないか、そう思って食べ始めました。
カレーはとてもおいしかったです。ココイチ(CoCo壱番屋)と家で食べるカレーの中間みたいな風味でした。辛さはあまりないです。カツもやわらかくて食べやすかったです。
勢いよくぱくぱく食べてから、体感的にいつも家でカレーを食べるくらいの量を食べてから、一旦スプーンを置いて残った量を確認してみました。
あれ?減ってないぞ。
一人前を食べたはずなのに、皿の上のカツカレーはまだ15%くらいしか減っていないのです。どうしよう(どうしよう)。考えても減らないので再び食べ始めました。おいしくてよかった。
それから限界近くまで食べた頃に、困った事態になりました。ルーがなくなってしまったのです。
ルーの方が少ないのは早々から気づいていてご飯多めに食べていたつもりでしたが、全く足りませんでした。ご飯が半分くらい残っています。

image

しかしこれはカツカレーです。カツでご飯を食べればいいんです。実はそのつもりでカツにはあまり手をつけていませんでした。しかし、いざカツを食べてみるとどれも脂身の部分が多くて、限界のぼくのお腹には衣の油と合わさってとてもしつこくてほとんど食べることができませんでした。
もう無理だ・・・。
ここで断念して大量のご飯とカツを持ち帰りました。

でもこれで650円です。カレーライスなら500円です。持ち帰ることを前提にすればこれほどいいお店はないんじゃないでしょうか。
ドリンクが100円で注文できるのですが、ドリンクも量が多いのかをチェックし忘れたのでまた来たいと思います。
でもさすがにカレーはもういいです。ルー少ないし。次回は沖縄そばか肉丼にします。


33そば
・住所
〒904-0012 沖縄県沖縄市安慶田4-17-9
TEL:098-932-5109

・営業時間
10:30~20:00
(月曜日・祝日・第4日曜日はお休み)


Pocket

[ 沖縄のデカ盛り食堂(2)33そば ]blog, , 2017/07/20 19:29